具体的な浮気調査のメリット・デメリットとは?

浮気調査をしたいと考えている人は多いと聞きます。
現代は、良く言えば自由な恋愛が許されている時代、
悪く言えば貞操観念のない時代、といえるのではないでしょうか?

 

結婚していても、好きな人ができたらその人と付き合うのは不倫じゃないという意見を持つ人もいます。
「好きな人と付き合いたいというのは自然なこと」と平然と言う人も多いのです。

 

浮気調査の依頼も増えるわけです。

 

 

さて、そんな浮気調査にはメリットとデメリットがあります。
なんでもそうです。

 

表があれば裏がある、それと同じ原理です。

 

では、浮気調査のメリットとは?デメリットとは?
それぞれ簡単にご紹介します。

 

 

まず、メリットはもちろん相手が浮気しているかどうかはっきりすることです。
それが知りたかったわけですから、ここがはっきりするのは良いことですね。

 

状況からして相手が浮気しているのですから、
結婚していて離婚する意志があれば離婚の際に慰謝料を請求することが出来ます。

 

万が一、相手から離婚の要求があった場合にはその拒否もできます。
様々な場面で、有利に立つことができるというわけですね。

 

 

では、デメリットにはどういったものがあるでしょうか?
まず、探偵に調査を依頼するための費用を負担することになります。

 

浮気しているかもしれない相手に出して欲しいくらいですが、
これは調査料として支払わなくてはならないものですね。

 

金額としては、10万円以上かかることもあるので、
そのくらいだと考えておきたいものです。

 

 

他に、事実を突きつけられることで精神的なダメージを受ける方が多いです。
知らなくてもよかった本当のことが情報としてすべて報告されてきますので、
かなりショックなこともあるのです。

 

そんなときのためにアフターサービスとして、
カウンセラーや弁護士を紹介してくれるのも探偵事務所の仕事です。